トップイメージ

新会社法とは

以前は会社といえば有限会社、株式会社という会社が一般的でしたら、今回の会社法改正(新会社法)では、有限会社の制度は廃止されました。
以前は、規模の大きな会社は株式会社、家族や少人数で運営している会社は有限会社というイメージがありましたが(必ずしもそうではありませんが・・・)、今後は有限会社を新たに設立することはできなくなりました。

ただ、現状既に有限会社を登記している方は、そのまま特に変更なく「有限会社」のままで大丈夫ですので、ご安心ください。

 

会社設立が容易になった!?

以前は株式会社を設立するためには、資本金が最低1000万円以上必要でした。
これは土地や有価証券など、現物出資でも良かったのですが、いずれにしても1000万円以上の資金がなければ株式会社が設立できない、ということは結構高いハードルでした。

今回の新会社法では、資本金は最低1円からでも登記できるようになりました。
また、以前は取締役が3名以上、監査役が1名以上の最低でも計4人以上は会社に必要でしたが、今回の新会社法では最低1人(取締役である社長さんだけ)で設立登記ができるようになったのです。

これにより、以前よりは株式会社の設立が容易になったといえ、今後ますます個人事業から株式会社化する動きは活発化しそうです。
確かに個人事業より、株式会社です、といったほうが信用力は高まるということはあります。
ただ、会社にすると法人税が課税されることになりますので、ご自身の所得に応じて、個人事業のほうが有利か、株式会社のほうが有利かをよく見極める必要があります。

最新情報

おすすめリンク

ベース初心者 中国語の発音 耳鳴りの治療 人間関係 相続手続き

 

Copyright (C) kaisya.seiho-navi.com All Rights Reserved.